HighCorの考えたこと

起業を目指す人材会社5年目によるビジネス書感想、節約/稼ぐ情報、広島カープ等の雑記ブログ

色々な場所を使いたい!複数の拠点が使える多拠点型のシェアオフィス・コワーキングスペース比較一覧2018(8選)

シェアオフィスやコワーキングスペースの中でも、会員になると複数の拠点が使えるサービスをまとめました。
気分転換や休日と平日で場所を変えたいときなどに便利です。
大きく、個人契約が可能なもの5件、法人契約限定のもの3件の計8件をまとめました。
(2018/3/21現在 2018/4/19追記)

 

個人契約向け多拠点型スペース

OFFICE PASS

日経がプロデュースして、オプトインキュベートが運営しているサービス。
β版では都心を中心に25ヶ所だったが、リニューアル後は都心だけでなく関東、関西、東北、中国、九州と全国100ヶ所以上に。その分、値段はβ版9800円からリニューアル後は13870円程度に上がっている。2018年4月限定で7390円程度。
(程度は税込み価格を税抜きで統一させるための概算です)

officepass.nikkei.jp

Plus Wander

福岡をはじめ、東京、シンガポール等の複数拠点を使えるサービス。
福岡在住の人は福岡9ヶ所なので使い勝手が良さそう。

シンガポールにもオフィスがあるので、そちらでビジネスを行う人にも向いていそう。
個人で契約以外に法人で契約すると、割引にもなるみたいです。

pluswander.com

WeWork

ニューヨーク発祥のグローバルに広がるコワーキングスペースで、日本にも2018年2月に参入しました。
ホットデスクというプランは、1ヶ所メインを決めて、それ以外の共用スペースが使えるプランです。都内は2ヶ所がオープン済みで、残り4ヶ所も続々オープン予定となっています。

www.wework.com

fabbit

国内18ヶ所にシェアオフィス・レンタルオフィスコワーキングスペースを構えている。

会員となっている施設に使用日と使用施設を知らせると、フリー席を有する5拠点(コワーキングスペース)のフリースペースが週2回無料で使えます。
八王子のフリー席が月9,800円、大手町、京橋はフリー席が月14,000円です。

fabbit.co.jp

Regus

レンタルオフィス世界No.1ブランドを謳う会社の日本でのサービス。
ビジネスワールドは会員カードの種類に応じて、料金と使えるサービスが変わって来ます。ゴールド会員は月額15,900円でビジネスラウンジが使い放題です。プラチナ会員は月額19,900円からビジネスラウンジとコワーキングスペースが使えるようになります。

www.regus-office.jp

法人契約限定多拠点型スペース

WORK STYLING

三井不動産が行うサービス。
法人が人数に応じた登録管理料を支払います。
利用者は一律10分300円です。

mf.workstyling.jp

ちょくちょく...

ザイマックスがプロデュースしてザイマックスインフォニスタが運営するサービスです。入会金、年会費なしで、ソファ席は1時間150円、ブース席は1時間200円、個室は1時間250円です。

mwo.infonista.jp

NewWork

東急電鉄が展開するサービスで、直営11店舗、提携店57店舗あります。
月額プランは、1ライセンス1名30,000円です。従量プランは1ライセンス月額基本料5,000円で8時間の無料利用権が付いています。従量プランは1ライセンスを複数人で使いまわすことが可能です。

www.newwork109.com 

サービス比較一覧表

個人契約向け

f:id:HighCor:20180419001216p:plain

法人契約限定

f:id:HighCor:20180321140507p:plain

8つのサービスを比較してみました。
調べていくうちに、結構会社ごとに違うなぁとか気づいて面白かったです。
自由な働き方の推進に伴い、今後も複数拠点サービスは増えてくると思いますので、注目しておこうと思います。