HighCorの考えたこと

起業を目指す人材会社5年目によるビジネス書感想、節約/稼ぐ情報、広島カープ等の雑記ブログ

D・カーネギーの「こうすれば必ず人は動く」は格言の宝庫【まとめ3選】

本日のおすすめは「こうすれば必ず人は動く」です。
これは「人を動かす」のラジオ講座を書き起こして改訂したものだそうです。

なぜこの本を読もうと思ったかというと、僕の仕事が4月から他者に動いてもらう業務に変わるからです。
今までは自分の中で完結することが多かったのですが、より影響範囲を広げないといけない領域になり、人にも協力をしてもらう必要がでてきました。

そんなおり、Amazon Primeの無料のコーナーを見ていたら、まさにうってつけのこのタイトルの本が出てきたのです。
即ダウンロードして、通勤電車で読み始めました。

読んでいると、確かにそういう風に言われた方が自分も嬉しいな、行動を変えるなということが、かなり出てきて勉強になります。
これは自分を変えてくれたなという至高の格言を3つまとめて紹介したいと思います。

 成功に占める「知識」の割合は15パーセントに過ぎない

成功の要因が何かということを探るため 、ピッツバ ーグの (アンドリュ ー )カ ーネギ ー工科大学で 、数年前研究が行われたことがあるのですが 、その研究の結果 、ビジネスや職業の種類にかかわりなく 、高度な知識がカバ ーする割合はおよそ一五パ ーセントであり 、八五パ ーセントは人柄と人を扱う脳力次第であるということが明らかになったのです。

 これ、結構がつんときました。
エリートほど、「知識」で世の中を勝ち上がっていると思うのですが、現実世界で活躍する要素のほんの一部でしかないことを教えられるのです。

アンドリュー・カーネギー工科大学の研究で明らかにされたことらしいです。
人柄とか人を扱う能力の方がよっぽど大事だと。

確かに「一人の能力が高くて、周りの能力を下げる」よりは「周りの能力を少しづつ借りる」方が結果としていいものを生み出せるというのは、実感にもあってる気がします。
なのになかなか周りの力を借りながら仕事って難しいですよねぇ。
「知識」で圧倒して周りを馬鹿にするのではなく、周りを気持ちよくさせながら仕事をすることのほうが成果を生み出しやすいのです。

人の欠点を指摘しないといけないときは、まず良い点を指摘せよ

自分が扱ってもらいたいように 、人を扱った(黄金律)わけです 。こんなふうに扱ってくれる人を 、好きにならないわけにはいかないでしょう。

また 、ただ相手を誉めれば人は動くかというと 、それほど単純なものではありません 。やはり誉めるにも頭を使わなければなりません 。
しかしどう頭を使えばいいのか 、と思う人もいることでしょう 。
そのようなとき 、 「黄金律 」のことを思い出せば 、大抵うまくいきます 。

明日もし 、誰かが間違いを犯して 、その当人にそれを気づかせなければならないようなことになったら 、あなたが望むような結果がもたらされるように 、 「黄金律 」を用いてそれに対処してみてください 。
あなたの望む方向とは逆にならないように 。では 、これをあなたと私の 「成功ノウハウその 3 」としましょう 。

「その人自身の過ちに気づかせなければならないならば 、その人の感情を傷つけないように 、上手に 、思いやりをもって行うこと 。
その人の面目が保たれるようにすること 」
いいですか 、もう一度言います 。その人自身の過ちに気づかせなければならないときには 、その人の面目が保たれるようにすることが 、きわめて大切なことなのです 。

 これもできそうでできてないなと思いました。
後輩とかにはできるんですけど、先輩や上司、違う部署の人とかにこれができているかというとNOですね。

でもこれを使うと、受け入れてもらいやすいんだそうです。
人間の根源的な認められたいという欲求に働きかけるのです。
肯定的な態度で臨むと、相手も肯定的になり、生産的な場になりやすいのです。

これは他の章でもでてきました。
タバコ禁止エリアで喫煙している従業員を直接叱らない。新しいタバコを与えて、そのときに、これは喫煙エリアで吸ってくれと依頼する。相手の尊厳を保ちつつ、こちらの要求を伝える方法ですね。
給与を上司に上げてほしい場面でも、そう頼むのではなく、まずイエスと言い易い要求をする。それでイエスが出れば給与の話を出す。それも上司が得するような形にして投資として少しばかり増やしてほしいという依頼の仕方でした。
ほんとに、人を動かすって技術が必要です。

他の人の願望や希望を考える。自分がやりたいことに固執しない。

今までは技術的なことを示しましたが、最後はハートです。
まぁ、大切ですよね。
自分が相手に動いてもらうためには、まず自分が動かないとダメですよね。
いわゆる「Give&Give&Give」です。
そこで初めて「Take」できるチャンスが生まれる。

営業にせよ、企画にせよ、誰かに考えや行動を変えてもらいたいときに自分がこれを徹底できているかというと、そうではない。
名前を覚えるとか、笑顔で対応するとか、ありがとうと言うとか、そんな些細なGiveでいいのです。
それをひたすらに貫ける人が、人に行動を変えてもらえるのです。

 

以上、カーネギーの格言3つでした。
このほかにも随所に参考になる事例が出てきています。

タイミングが良く無料対象になっている場合、Amazon Prime会員だと無料で読めるチャンスがあります。
Amazon Prime会員に無料体験で入ってみて下さい。
会員になると色んなサービスが使えるのですが、prime readingというサービスで一部の本や雑誌が読み放題になります。
僕はそれでダウンロードしました。
時期によって対象から外れることもあるのであらかじめご了承ください。

また本でほしい人は下記からでも頼めます。

この本で学んだことは、実際の自分の仕事で活きると思うんですよね。
組織で働いていると人に動いてもらわないといけないことも多々あるので。
こいつが言うことをすれば、自分もハッピーだなって思ってもらえるかどうかが鍵だと思っています。
自然とこいついいやつと思ってもらえるよう学んだことを習慣化してみます。

関連記事は、以下になります。
同じくきこ書房から出ている史上最強の人生戦略マニュアルです。
人の行動原理を知る、自分にとって重要なことに情熱を注ぐことの重要性を教えてくれます。

hy.hatenadiary.com