HighCorの考えたこと

人材会社4年目による読書感想、節約/稼ぐ情報、広島カープ等の雑記です。

転職者が本当にほしい情報って意思決定の足跡なのでは?新しい人材サービスを目指して

僕は、失敗が許されない社会よりは、何度も挑戦できる社会の方が豊かだな、と思います。

その意味で転職しやすい社会の方が豊かになりやすいんだろうなと思っています。

では転職しようと考えたときに、現状の転職者はどのような情報に触れるのでしょうか。

転職会議、VORKERSのような会社の口コミサイト、転職支援会社からの情報、企業のWebページ・・・

転職先の情報を入手して期待と齟齬がないか入念にチェックすると思います。

しかし、これらの情報では決定的に足りない点があると思います。
それは、「そもそもどのような意思決定があり得て、それによってどうなるパターンが考えられるのか」という未来予想図です。

一応、転職エージェントに登録すると、カウンセリングに呼び込まれ、そこで1時間程度話した上で、適した求人を紹介するという流れはあります。
そこのキャリアアドバイザーが示してくれる未来は、その人が知っている一部の世界です。

Webという集合知を活用できるツールがある今、これを使わない手はないと思います。

色々な、年代、性別、学歴、年収、家族構成、地域、職歴、志向性、ライフプラン等、現代の人々は多様な価値観を持って生きています。

その人たちが転職したときの経験を集合知としてWeb上に載せておくのはすごい価値がある気がします。

あのとき僕が通った道を、こんどは誰かが通るとき、もっとスムーズに通ってほしい。
それが実現できそうです。

キャリアアドバイザーは、顧客とアドバイザーという関係性で対等ではありません。
しかし、転職者の情報を、転職志望者が見るというのは同じ経験を共有しようとする、対等な関係のように思えるのです。

今日はこれくらいにして、こういった未来を実現できるよう、また日々実現に向けて尽力します。