HighCorの考えたこと

起業を目指す人材会社5年目によるビジネス書感想、節約/稼ぐ情報、広島カープ等の雑記ブログ

「時間がない!」から抜け出すスケジュールの立て方8ポイント

本日は、「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法―“1日1習慣”であなたの仕事が変わる!の第1章の「スケジュールを立てる」からポイントを8つ列挙します。

「時間がない! 」から抜け出すちょっとした方法 ――“1日1習慣

「時間がない! 」から抜け出すちょっとした方法 ――“1日1習慣"であなたの仕事が変わる!

 

「時間がない」から抜け出すスケジュールを立てる8ポイント

この本はポイントが簡潔にまとまっているので、すっと入ってきます。

1.スケジュール帳をアポの備忘録で終わらせない

→備忘録ではなく、どう動くか考えた「行動表」であるべき。

2.始めの時間でなく、終わりの時間を決める

→終わりの時間を決めると、始める時間を逆算する。この時間の見積もりが大切。

3.アポの日時は自分が決めて指定する

→自分の都合のいい日時を伝える。自分の時間は自分でコントロールする。

4.アクシデントや遅れを吸収できる予定を用意する

→バッファーを持つことでゆとりを持って対応できる。

5.仕事の量は、与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

→作業時間は予測より少し短いくらいに設定すると、締切に向けて集中する。
バッファーはあくまでも「休憩」や「他の作業」のように別時間として確保する。

6.締め切りを1日前に設定して、「寝かせる時間」を持つ

→締切の1日前に仕上げ、当日は見直しに徹する。新たなアイデアが出てきたり、質が上がる。

7.人の時間を借りると自分の時間は増える

→組織としての生産性を上げるように、人に依頼する。ただし、依頼するには、計画力・コミュニケーション力・マニュアル力がないとできないので身につける。

8.一定のペースで走って仕事の渋滞を避ける

→経費清算、ホウ・レン・ソウ、健康生活等は溜め込まず、毎日一定のペースでやる。

いかがだったでしょうか?
僕は人材営業をやっていたときは、時間が無さ過ぎて死にそうになっていました。
なので、時間短縮系の本を読み漁って実践していました。
結構、上記の8つは実行して改善しました。

5はいわゆる「締め切り効果」というやつだと思いますが、本当にそうです。
自分で締め切りを作っても伸びてしまう人は、誰か他人を間にはさむと良いと思います。
○○さんに何時までにメールで送る、みたいに約束していると遅れられないので効果高いです。

僕はいつもハウツー本を読んでも苦手なものは抜けていったりしたので、これらをしっかり覚えるために日めくりカレンダーにしました。
時間が無いあなたもやってみて下さい。

というわけで、第1章の紹介をしてきました。
これ以降も、第2章 スピードアップを図る、第3章 時間泥棒を追い払う、第4章 「ひとり時間」を持つ という感じであなたの時間を生み出し、より価値の高いものへと昇華させてくれる内容になっています。
是非、ご自身で読んでみて下さい。

hy.hatenadiary.com

hy.hatenadiary.com