読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HighCorの考えたこと

人材会社3年目による読書感想、節約/稼ぐ情報、広島カープ等の雑記です。

【ウェアラブル・デバイス】ガーラ湯沢でBONX GRIPを使ってみた

BONX GRIPというデバイスを
indiegogoというクラウドファンディングサイトで手に入れました。

https://www.indiegogo.com/#/picks_for_you

jp.bonx.store

f:id:HighCor:20170129210305j:plain


BONX GRIPは、主にスノボや自転車、釣り等で使える
小型のトランシーバーです。
軽く耳へのフィット感が良く外れにくい、ノイズキャンセリングがついている等、
スポーツに適した造りになっています。

今回は実際にガーラ湯沢で2つ1組で使ってみました。
そこで感じた面白い点、気をつけたほうがいい点をまとめたのでご覧ください。

f:id:HighCor:20170129220529j:plain

  1. 友達に見られている感じが面白い
    スノボを友達同士で行った時、基本は滑っている最中は一人で黙々と滑っています。
    それが、BONX GRIPがあると、ちょっとかっこいいターンやジャンプがあるとそのタイミングで褒めてもらえます。
    もちろんコケた時も見られていますので、慰めてももらえます。
    これが意外に、一人ですべるよりも楽しいのです。
    おそらくリアルタイムで見てもらえている感覚があるので、
    あれをやってやろうとか、そういう気持ちが芽生えるのではないでしょうか。

  2. 内緒話が面白い
    ゲレンデといえば、場合によっては、恋が生まれる場所ではないでしょうか。
    その確率を高めてくれるのがこのデバイスです。
    「お前の後ろのコ、可愛いぞ」
    「あ、あのコがコケた。助けてあげて」
    「彼氏がいるみたいだから、話しかけるのはやめとけ」
    こちらが有利になるような情報を集めて、恋愛の成功率を高めるのにも使えます。
    今回は4人で行って2台しかなかったのですが4台ほしいねと話していました。

  3. ソフトバンクユーザーは気をつけて
    僕はDMMMobileでドコモ回線、友人はドコモの純正回線を使っていて、
    そのペアのときは上手くつながりました。
    ソフトバンクの友人とはつながりませんでした。
    おそらく電波の問題かと思われます。
    au(KDDI)は今回いなかったのでわかりません。
    (ソフトバンクでもつながった方いましたら、連絡下さいましたら追記します。)

    二人の間はLINEとかと同じように電話回線を使って通信しているので電波状況が重要です。(WifiがあればWifiでも通信できると思います)

  4. スマホの電池の消耗には気をつけて
    二人の間は電話回線を使った接続ですが、一人の中のスマホとBONXの接続はBluetoothです。
    これによりスマホの電池が結構消耗します。
    他のアプリの影響もあるかもしれませんが、iphone SEだと半日で60%分程度消耗したようです。
    友人のandroidも結構消費してたみたいです。
    BONXの方の電池は半分以上残っていたので、気をつけるべきはスマホの方です。
    充電器があれば、スキー場によっては充電できると思います。

以上、簡単に使ってみた感想です。
今後は自転車でも使ってみようと思います。
乞うご期待。